テクニカルライティングの効果
文書品質の向上と文書作成時間の短縮


企業にとっての「文書作成
−利益の獲得と喪失を分かつ「重要な企業力の一つ」−

   

「企業の文書は、企業利益、企業評価および企業効率と密接に関係している」と言えます。もちろん、企業利益は製品・サービスの対価であり、企業評価、企業効率は組織および社員の行動の総合的な結果です。しかし、企業活動では文書の良し悪しが企業活動の成否にかかわる場合がありますし、文書作成時間の短縮は企業にとって重要な課題です。「文書作成の効率化」と「文書品質の向上」は、企業効率の改善とともに企業利益・企業評価の獲得につながる企業力と言えます。


文書が「企業効率」に及ぼす影響

文書を作成しても、「要点が伝わらない文書」では執筆者が「文書の作成に要した時間」も読者が「文書を読む時間」もむだになりかねません。企業効率の低下と言えます。さらに、時間を要しただけでなく一つの文書が多くの読者に誤解を与えてしまっては取り返しがつかなくなるおそれもあります。

企業が文書作成を見直す意義


文書が「企業利益」および「企業評価(あるいは企業の危機管理)」に及ぼす影響

企業活動には、「積み重ね」の一面があります。過去の事例あるいは社員のノウハウが文書によって蓄積され、その結果がさまざまな改善に活かされ、さらには革新につながると言えます。たとえ事例やノウハウを文書で残しても「情報をまとめただけで要点に欠ける文書」では有効な情報にはならず、実質的にはノウハウの喪失であり企業利益の喪失にもなりかねません。

社内だけならまだしも、「誤解を与えかねない文書」が社外に渡ってしまっては企業評価の低下につながりかねません。さらには、対外的信用の喪失につながるおそれもあります。


次ページに進む(ボタンをクリックしてください)

コーナーはPDFファイル版でもご覧いただけます。


当コーナーの主旨と閲覧にあたってのお願い

技術文書を作成する際の基本をお伝えして、テクニカルライティングへの関心をおもちいただくのが当コーナーの主旨です。


テクニカルライティングセミナー、文書改善研修のご案内

当社では出張開催形式のテクニカルライティングセミナーおよび文書改善研修を実施しています。当コーナーと基盤になる考え方は同じにしていますが、実務知識が中心の新構成・新内容です。

 



技術文書の書き方−テクニカルライティングセミナー わかりやすい技術文書の作成手法−
Copyright: Takaaki-YAMANOUCHI/2002-2020
山之内孝明/有限会社 山之内総合研究所
Takaaki Yamanouchi/ Yamanouchi Research Institute, Ltd.