文書構成の考え方
見出し構成の考え方


見出し構成の基本

   

見出し名は段落の「主題(テーマ)」であり、見出し構成は主題の関係を表します。マニュアルに限らず、見出し構成および見出し名の検討は文書作成の出発点です。見出し構成の基本と“見通しのよさ”につながる手法を把握しておくことは執筆者にとって有用です。


見出しランクの考え方

見出しを不要に細分せず、3段階(章−節−項)を“基本にして”構成するのが適当です。この際、ページ数がさほど多くない文書(数十ページ程度)では2段階を基本にしつつ必要に応じて“+1”段階を用いる「2+1段階型」の見出しランクを薦めます。また、50ページ超の文書では3段階を基本にしつつ必要に応じて“+1”段階を用いる「3+1段階型」の見出しランクを薦めます。


見出し名の考え方

見出しは「見出し番号」と「見出し名」で構成されます。見出し名は、見出しに続く 段落の「主題」であるとともに、上位あるいは下位もしくは同じランクの見出しとの関係を表します。見出し名があらかじめ定められている定型文書は別として、不要に簡略化した見出し名を用いず「解説の対象となる語」と「対象を“受ける(その何を解説)”語」で構成した「修飾語+名詞」型(「−の−型」とも表記)の見出し名を基本にする手法を薦めます。

また、なによりも「単語(例:概要)」あるいは「複合語(例:製品構成)」の見出し名に比べ主題を具体的に示せるとともに、執筆者にとっても「何を要点にして段落をまとめるのか」が明確になります。 言わば、見出し名の検討段階で段落の要点の方向性が定まり、執筆も効率化します。


次ページに進む(ボタンをクリックしてください)

当コーナーの主旨と閲覧にあたってのお願い

技術文書を作成する際の基本をお伝えして、テクニカルライティングへの関心をおもちいただくのが当コーナーの主旨です。



技術文書の書き方−テクニカルライティングセミナー わかりやすい技術文書の作成手法−
Copyright: Takaaki-YAMANOUCHI/2002-2020
山之内孝明/有限会社 山之内総合研究所
Takaaki Yamanouchi/ Yamanouchi Research Institute, Ltd.